終局表を知っておくだけでも違ってくる結果がある

終局表とは他の生命表とは違って、純粋に年齢によってどのように死亡率が終局していくのかというものに着目している死亡表です。なので、実年齢によっては終局近いというケースもあるのですが、生命保険会社では病院での審査を主に活用してこの終局表を作成するので、実際の年齢だけで判定が行われる訳ではありません。

つまり、終局だけを考えてクレジットカードなどの作成を考慮するのではなく、実際の病気・怪我の度合いに応じて変動するリスクとして作成される表と言えるでしょう。もちろん、その結果が明るいものなのであれば個人の評価についても高いと思って良いです。

この結果については、クレジットカードの保険付帯で特に大きな結果となる場合が多いです。というのも、実際にクレジットカードでも保険に付帯する際には、条件をクリアしているかを判定しているからです。予めこのような審査を受けておくために、保険会社などを利用しておくのも1つの手段となります。

また、冒頭では生命表というものが出てきましたが、近年の動向を調査した場合の年齢表のようなものです。どのような病気・怪我などに煩わされる事が多いのか、もしくは寿命などを迎えるのは近年ではどのようになるのかが記されています。

また、厚生労働省が監督となり精査しているものでもあるので、その情報の有用性については高いと認知されている事が多いです。このように生命・死亡に関する評価は意識的に受けることも可能となっているので、保険をクレジットカードに付帯させる際には着目しておいて損はありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ