クレジットカードの終身払いと短期払いについて考える

保険というのは最近ではプランで取扱がされていますが、正確には終身払いと短期払いを選択し、その後、どれだけの金額で保険を掛けていくかを選択します。つまり、プランはあくまでも支払者の予算のようなものなのです。当然ですが、支払金額が大きいほどに補償は手厚いものとなっています。

近年では、満額まで払い終えるとボーナスが支給されるようになっているものや、積立貯金式で定期的に小さなボーナスが発生するものがあります。過去の生命保険などと比較すると、手厚いというのは中々に実感できるものが増えているのです。

しかし、それ以前にクレジットカードなどで支払っていくにしても、終身払いと短期払いについては、どちらを選択するのが正しいのかで迷うことがあります。

ですが、年金生活までに支払を終えておきたい場合には、65歳で満額となる短期払いを選択するのが正しいとされておりますので、多少高くなったとしてもクレジットカードで支払っていけるのであれば、短期払いを選択するようにするのが良いです。短期払いのデメリットは、毎回の保険料が高いということしかありません。

また、65歳で終了となる保険とされていますが、正確には保険会社によって60歳・65歳で満額となっており、5年間はズレが生じると覚えておくと問題ありません。また、毎月の支払がどうしても厳しい場合であっても途中からプラン変更が出来るようになっているので、実は支払についても難しいものでもないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ