重大疾病保険金で将来発生しやすい病気に備えておく

誰でも病気にかからないという保証はありませんが、備えておく事については簡単に出来ます。というのも、今では保険会社で重大疾病に関するものが用意されているからです。

似たような商品が多いのですが、将来的に発生しやすいとされている重大疾病である「ガン、急性心筋梗塞、脳卒中」にかかってしまった際に、組んでいると補償がされるようになっています。

高齢の方が入られている事で有名であったのですが、近年では生命に関するものも種類が広がっているので、いつの間にか入っている人が多い事も特徴になっています。もしかすると、既に入られている人もいたりするほど定着しているものであったりもします。

また、クレジットカードなどでも同じような補償に入れるケースもありますが、その際には重大疾病保険金ではなく、三大疾病保障という特約の方になってきますので、勘違いをされないように注意しないといけません。

というのも、この重大疾病では似たような名称が多いと言いましたが、先ほどの三大以外では特定疾病保障保険などもあったりするからです。

ただ、このような特定や三大とされているものは、同じようにガンなど多くの人がかかりやすい病気で補償を行っているので、実を言うと業者で取り扱っている特約や保障が違っているだけである事も多いです。重要なのは、どのような症状で補償が発生するのかであり、保険金があまりかからないものを選択できるのかとなってきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ