重大疾病保障保険の手厚い保障について正確に理解する

似たようなものに重大疾病保険がありますが、重大疾病保障保険は保障とされる通りで、前述したものとは保険金の支払で大きな違いがあります。

例えば、仕組みの上では病気などにかかってしまった場合、もしくは特定条件とされる条件(病院での治療・死亡判定など)があった場合にのみ保険金が支払われるようになっているのです。人によってはその金額を受け取ったとしても家族に遺す形で、個人としては使わないままとなってしまったりします。

ですが、重大疾病保障保険では特に成人以上でかかりやすいとされる病気にかかると、その時点で保険金が支払われることになっているので、掛けた本人が手厚い保障を受けられるようになっているのです。

また、CMなどでもガンなどにかかってから手厚い保障を受けられるとして宣伝がされていますが、それは大袈裟な意味でもありません。従来の保険とは、三大疾病でもそうですが保険金が高いもので支払が行われた場合には、効果(期限)そのものが切れるようになっています。

ですが、重大疾病保障保険の場合は、先ほどの三大疾病のみで保険の補償がされているのではなく、三大疾病にかからずに死亡してしまった、もしくは高度障害状態になってしまった場合であっても、保険金が受け取れるようになっているのです。

日本人の死因で特に多い死因をカバーしているので、やはり保険についても掛けているだけで何かしらの利益が発生するように、手厚い保障となっていたりもするのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ