人身傷害保険の特筆すべき特徴と注意点について

人身傷害保険とは、自動車による事故が発生した場合に過失割合に関係なく保障範囲内で保険金が支払われるものになります。この保険に加入していれば、自分が過失を犯した場合であっても、全額保障をしてくれるので、非常に助かります。

また、相手との示談が成立する前から利用することができますので、入院費などの心配も減るため、万が一を考えるならば加入するべき保険です。
実は、人身傷害保険は自身が運転していなくても保障対象となるのもメリットです。

自身の親族が運転する車に乗っていた場合に事故に遭遇したときにも、保険金を支払ってくれます。また、第三者の他人の車に乗っていたときに事故に遭遇したときにも、障害保険は適用されます。しかし、この場合においてはいくつかの要件を満たさなければなりませんので、注意する必要があるでしょう。

商品によっては、エスカレーターでの事故や船における事故などについても保障可能としているものもあります。万が一は本当にいつ起きるか分かりません。そうした事態を常に想定しておくことで、毎日の生活をより豊かで快適に送ることができるようになります。

人身傷害保険は、万が一を考える上で加入しておきたい商品であることは間違いありません。この保険は、保障が幅広く対応しているのがメリットです。逆にデメリットは自然災害や、放射能漏れなどが原因の傷害に関しては基本的に対象外になる点です。何でも保障されるというワケではないことを知っておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ