保険には据え置きができるルールがあり利用者もいる

保険で据え置きといえば、支払が発生した保険金や給付金などについて、すぐに受け取ることはせずに保険会社などに預けておくことを指します。この場合には利息が発生するので、すぐに受け取るよりかは利息分のお金を受け取ることになるので便利です。

支払が発生した時に特に利用しない場合などについては、急いで受け取る必要はなく、むしろ預けていたほうが良いというのはこのためです。
万が一の場合に備えて保険に加入するものですが、そのような事態がいつ発生するのかは誰にも分かりません。

もしかしたら加入期間中に発生しない可能性も当然あります。大抵の保険料は掛け捨てになるため、払い損ということになります。安心をお金で買うというのが保険の内容にもなっていますので、仕方が無い部分ではあります。そうかと思えば、突然万が一の事態に遭遇することも考えられます。

そうした時に、治療費や入院費などの保険金が支払われる場合でも、すぐに受け取らなければならないほど資金面で困窮している訳では無い場合には、受け取らなければならないワケではありません。保険会社に預けることで、利息を得ることも可能となります。

こうしたメリットがある関係で、保険に加入するのが良いと考えている人もいます。現に、据え置きを利用している人もいます。単純に事故や怪我をした場合に、すぐに支払われるのが保険金だけではありません。預けておいて、さらに高額でお金を受け取ることも可能ですので、色々と方法があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ