ステップ払込方式は期間後高くなる支払方式になる

保険の支払方法の一種であるステップ払込方式は、一定期間の保険料を安く抑え、その期限が過ぎた後は高く支払うことが決められているものです。支払金に関しては、保険により様々なスタイルが採用されていますが、ステップ払込方式はその中でも特に定期終身保険に該当される場合が多いです。

通常は最初の10年や15年は安い料金で加入できますが、期限終了後は通常よりも高く支払います。このスタイルを採用するのには理由があります。それは、同業他社に比べてお得な商品であることを感じ取ってもらうためです。加入を希望している人は、比較などをすることにより、商品の価格に関してはかなり敏感です。

市場の価格よりも下げて販売することにより、加入希望者らの目に留まりやすくなるというのが狙いです。しかしどんな商品にも通用するものではなく、あくまでも終身などの特定の場合に効果が期待できます。

保険市場は、常に新しい商品が販売されていきます。常にどのような方法を使うことが効果的なのかを把握しておかなければいけません。ステップ払込方式も一見便利に見えますが、期間終了後、支払料金は高くなります。このデメリットを常に考えて商品の絞込みをしていかなければならず、加入希望者にとってみればとても面倒な作業になることも予想されます。

どんどん複雑化されている仕組みの中で、加入者が取り残されないように知識を吸収しておくクセを身につけていかなければなりません。そこをどのようにして判断するのかが、今後の課題でもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ