生活保障保険は消費者ニーズに合わせて誕生した

生活保障保険とは、家族収入保険などとも呼ばれています。契約の際に定めた期間内において、非保険者が病気したり、死亡したりした場合において、残された遺族がお金を受け取ることができるものです。

この場合、一括で受け取るのではなく、毎月の給料のように期間を定めて毎月や毎年定期的に受け取ることができるようになります。消費者ニーズに合わせる形で誕生しました。一括で受け取っても良いのですが、そうするとちょっと不安を感じたりする場合があるかもしれません。

通常は毎月給料などは貰うのが一般的なため、お金も同じようにしてもらったほうが、月々の生活をスムーズに行うことができるようになります。仕組みとしてはそこまで難しいものではなく、たとえば定保の死亡保金を分割して受け取るものであり、通常は単体ではなくオプションとして提供されている場合が多く、アカウント型などに上乗せして利用されています。

生活保障保険は一般的に掛け捨てタイプになることが多いので、通常のものに比べて、料金が安いという特徴があります。終身や養老保険などに比べると、保険料がとても安いので、気軽に加入できるという特徴もあります。

さらに、お金を一時金というものだけではなく年金や月給方式で貰えるなど、ライフスタイル合う形で提供することができるので、給付金の金額が分かりやすくてさらに使いやすいということで、近年は注目されている保険として認知されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ