生死混合保険は養老保険のようなものを指す

生存と死亡保険の中身が組み合わさった内容の商品のことを、一般的に生死混合保険と呼んでいます。代表的なのが養老です。これは生保の一種であり、一定期間経過後に生存していた場合には生保が、逆に死亡した場合には死保が支払われるものになります。

割合的には1:1の場合が多く、保険料も当然片方だけを受けるよりも高くなります。
これとは逆に、一定期間経過後に生存していた場合のみに支払われる商品を生存保険と呼び、契約している人が死亡や高度障害などを患った場合のみ支払われる商品を、死亡保険と呼んでいます。

養老は、これらをハイブリッドしたものという認識で問題は無いでしょう。生保は基本的に、契約者の生死によって支払い金が発生するものになりますので、比較的分かりやすいと言われています。

ですが、どちらかにしか対応していないのでは、ギャンブルのように捉えられる危険性もあります。未来のことは誰にも分かりませんし、生存か死亡かのどちらかにしか掛けることができない場合には、安心して生活することが難しくなる可能性もあります。そこで、どちらも対応をしてくれる、養老のような生死混合保険が登場したワケです。

将来万が一が発生した時にも安心して遺族が生活できるように、元気な時から考えておく必要があります。最近は、月給制のようにお金を一括で受け取る以外にも方法があるようになりました。様々な考えや行動によって、保険商品の種類というのは増えてきているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ