生存保険は一定期間経過後に生存していた場合に保険金が発生する

生命保険は、大きく2つに大別されます。ひとつめが生存保険であり、ふたつめが死亡保険です。これは名前の通りのものであり、一定期間経過後に生存が確認された場合にお金が支払われるものを生存保険と呼び、逆に死亡や高度障害を患うような場合に、残された遺族に支払われるものを死亡保険と呼んでいます。

これらには、期限が設けられている定期というものもあれば、無期限の終身タイプもあり、消費者ニーズに合わせて選ぶことができます。人間は今のところ必ず死亡します、ということは終身タイプに加入しておくことがベストであるように感じるかもしれません。

ですが、必ずしもそれが自分のライフスタイルを考えるとベストなのかどうかは意見が別れるところでもあります。つまり、長い年月加入している場合には、受け取る金額も増えるのですが、加入してそこまで日数が経過していない間に死亡してしまった場合には、受け取る金額が少なくなるというバランス感覚が悪いものになります。

一方の生存保険の場合には、ある一定期間経過時にお金が発生するという非常にシンプルなものになりますので、比較的内容が単純で理解しやすいという特徴があります。

また、一括でお金を受け取ることや分割で貰うことが可能でもありますので、他の保険に比べて扱いやすいという意見も多いです。最近は、生存も死亡も両方が適応されている商品も販売されているなど、保険市場も進化しており、消費者にとって選びやすい環境が出来上がりつつあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ