生存保険金は一定の年齢に達した場合に発生する保険金のこと

保険は生命保険や医療保険などが代表的で、その中間に第三分野と言われるものも存在するなど、一般人からは理解できにくいと指摘されるほど複雑です。その中でも、多くの人に関係しているのが、生命分野です。

ここで代表とされるのが生存と死亡の各種保険商品になりますが、役割が真逆であるという認識を持つことがとても大事になります。この中でも特に注目されているのが生存保険というもので、死亡ではなく一定期間が経過した時に生存していた場合に支払金が発生する商品になります。

これは、一定期間後という部分がミソになります。つまり子供が加入者になっている場合には、学校入学時など一定の年齢に達した場合に支払い金受取人に対して加入会社がお金を支払うことになります。その人の適したタイミングに合わせてお金を受け取ることができるので、ライフスタイルに合わせて加入することが望ましいとされています。

このように、生存している場合に発生するお金のことを生存保険金と呼んでいます。学資保険と似ている性質を持っているのですが、冒頭のように第三分野の保険は、生命関係の各種商品をオプションとして取り入れることができるので、内容が似通っている場合が多いです。

生保のこの部分が一般人が難解だと感じてしまう部分でもあり、会社としても簡素化をしてシンプルで扱いやすい商品開発に取り組んでおります。そんな中誕生したのが生存関係の商品というワケであり、最近は加入者も増えてきており注目されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ