責任割合は自動車保険で主に使われる用語である

自動車事故のように、相手がある事故の場合における本人の責任がどの程度あるのかを示した割合のことを、責任割合と呼んでいます。これは主に、道路交通法や運転慣行、さらには過去に発生した同類の事故における判例(事例)などを参考にして決めることになります。

通常は、一方的に押し付けることはトラブルの原因になりますので、損害の公平性を図るために、責任割合相当分を差し引いて賠償するのが一般的になります。
たとえばKさんが自動車同士の事故に遭遇してしまい、その際の過失が3であり、事故を起こしたNさんの過失が7だったとします。

Kさんの自動車の修理代金が100万円だった場合には、Nさんは7割の負担をするので、70万円を支払います。逆にNさんの自動車の修理代も同じく100万円だった場合には、Kさんは過失が3ですので、3割の30万円を支払わなければなりません。

不運にも事故に巻き込まれた場合には、その過失という割合が低くなることも考えられますが、過失相殺をすることが目的であるため、このような考えが適用されています。

もちろん、事故の状況や発生した原因によって過失割合は大きく変わってきます。ですが、相殺されることが多い上にその当時の状況が分かりづらい場合には、過去の実例などを参考にしなければならない点があるのは仕方が無いことです。

相手がある事故の場合には、上記のようなことが付きまとうので、保険にはしっかりと加入しておくことが大事だと常に言われています。トラブルはいつどこで発生するかわかりません。その際に慌てないように備えておきたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ