全期払いは保険全期間にわたり適用されている間支払うこと

保険料の支払いに関しては、いくつかのパターンに分けることができます。多くの人が認知しているものは、契約されている期間の間支払い続けるタイプです。月々決まった金額を支払うものですが、これが保険商品の支払いの全てであると考えている人もいるくらいです。

この支払方法のことを全期払いと呼んでおり、これとは逆に、最初に全期間分を一括で支払う形式である一時払いや、全期間とはいかないまでも短期間で支払が終了する短期払いなど様々な方法があります。

どれもメリットやデメリットなどはありますが、全期払いにしておけば税制上の優遇を受けることもできますし月々の支払になりますので、家計への負担というものも大きくはありません。ですが割引などのようなお得なプランはありません。

短期や一時払いの場合には、一括で支払うことになり、短期間での支払いになりますので、その代りに保険料を安くしてくれる場合がほとんどです。そうでなければ、一括で支払うメリットを感じることができないからです。

保険とは、未確定な将来を安心して生活するために加入するものです。お金で安心を買うという認識を持つ人は多いだけでなく、最近は貯蓄性が高いものも登場するなど、日常生活において切っても切れない関係になりつつあります。

今までは知識的にはちょっと乏しいという人が多くいましたが、最近はインターネットの発達により、基本的な情報は簡単に得ることができるようになりました。この流れはとても大きいものであると言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ