専業代理店は保険業務を専門的に行っているところ

保険は複雑です。一般の人がその知識に触れる機会というものが中々無いというのが、そもそもの原因かもしれません。自らの生活に密着しているのにも関らず、その点に関してはあまり追求することなく、プロと呼ばれる人の助言やアドバイスを参考にする人は、現在に至っても多いと言われています。

そうした加入希望者が頼りにする場所が、保険代理店になります。保険の業務を専門的に行っている業者を専業代理店と呼び、まさにプロフェッショナルであることが多いので、手助けを請う人は多いのです。

専門性が高いという点においては、ファイナンシャルプランナーと同じような仕組みを持っていますが、独立系ではありません。企業に属している場合がほとんどですので、教える保険商品というのも、その関連性がある商品になる場合が多いです。

考えてみれば当然ですが、自社が販売する商品ではなく他社が販売するものをすすめることは効率的に考えても、実行するとは考えられません。
専門家になりますから、詳しいことには変わりありません。ですが、保険はその人のライフスタイルにより必要とされるものは変わってきます。

専業代理店での言葉ばかりを信じて選ぶことは、完全にその人にとってプラスになるものばかりでは無いということも、同時に把握しておかなければ意味がありません。代理店も商売でしていますので、すすめたい商品を積極的に販売する可能性がありますので、その点に関しては常に注意をしておかなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ