前納払いは保険支払方法の一種で前納とも呼ばれる

保険の支払方法には、いくつか種類があります。その中でも代表的なのが全期間支払です。これは、期間が続いている間は常に払い続けるものですが、月々の支払になる関係上家計としては助かりますので、消費者ニーズに合わせた方法とも言われています。

支払方法はこれだけではなく、将来払い込むべきお金を、短期間あるいは一括で支払ってしまう方法も存在します。それを前納払いと呼んでいます。これをすることにより、保険料が割引されるなどメリットも多いのが特徴です。

一般に前納払いされたものは、保険会社が預かるような仕組みになり、毎月そこから払いだされることになります。そのため毎月支払っているような状況を作り出すことが出来るようになるので、税制上の優遇措置などを作り出すことが可能となります。

払い込む金額は変わることはありませんので、最初に支払っておくことにより、その後の生活を安心して過ごすことができるというのが、この仕組みの良い点だと言われています。万が一の場合が発生した際にも、前納をしている場合には未経過分に関しては返還されます。預け入れている形になっているので、そういったことが可能なのです。

一括払いをしてしまった場合には、同様のことが発生した場合には返還をしてもらうことができないため、前納とはまた違った不便があることが指摘されています。保険料支払にも使われますが、社会保険料などの支払に関しても前納払いという言葉が利用されているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ