送金扱は保険料の支払経路の一つとされている

いくつかの経路が保険料の支払方法にはあります。その中でも代表的なのが、送金扱です。予め会社から送られてくる払い込み用紙を利用して、登録された指定口座に払い込む方法になります。コンビニエンスストアなどでも利用することができるので、比較的支払がしやすい方法ということで、昔から利用されてきています。

この方式では、年払いに適用されているなど柔軟な方法が指定することができるので、重宝されています。送金扱い以外の方法を使って、保険料金を支払うことが可能な場合も多いです。たとえば、口座振替やクレジットカード支払なども行うことができるようになっています。

こうしたものを参考にすることにより、普段はあまり馴染みのない支払に関しても抵抗感なく行うことができるようになります。生保の場合は、加入者に期間適用範囲内であれば常に付いてくる大切な存在です。

また、支払に関してもできるだけ負担にならないほうが得です。地方に暮らしている人などはコンビニエンスストアに行くだけでも大変でしょうし、取り扱いをしていない店である可能性も考えられます。自動的に口座から引き落としされてくれるほうが、楽だと感じる人も多いことでしょう。

しかしそうしてしまうと、お金の管理が出来ないといった新たな問題が発生してしまう可能性もあるのです。これらを総合的に判断すると、送金扱という支払方法は理にかなっていると考えることができます。負担にならずに保険と付き合う方法を常に考えて、実行していくことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ