ソルベンシー マージン比率は保険会社の支払い能力を図る指標

未曾有の大災害や株の暴落など、予想される範囲をはるかに超えるまさに想定外な事態というのは、会社や国は現実味が無いということからそこまで重要視されているものではありません。ですが、未来は誰にも分かりませんから、そうした事態が明日にも発生する可能性はあります。その覚悟だけはしておかなければいけません。

保険会社は、大災害などが発生した場合などのリスクに対応できる支払余力が、どの程度あるのかを判断するための指標があります。それはソルベンシー マージン比率というものです。

ソルベンシー マージンは、支払余力を意味しています。基金や価格変動準備金、危険準備金、貸倒引当金、有価証券含み益などから構成されています。保険会社は、この比率を200%以上に保つことが安定の目標とされています。

以前までは、200%を超えているのであれば問題ないと判断されていたのですが、過去には200%を超えたとしても破産した保険会社があったことから、今ではこの数値だけをもって、リスクに対応できているかどうかを判断することは難しいとされています。

それでも、大災害などのリスクに会社がどれだけ耐えることができるのかを示すものとしては、重要な位置づけになっています。

保険会社で考えてみれば、200%を割り込むような会社は倒産してしまう危険性が増えます。すると国としても困ることになるので、早期是正措置が国から命令されることになります。それには3段階用意されており、比率が0%以下、0%~100%、100%~200%により措置内容が異なります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ