損害は偶然の事故により発生しそれを填補するもの

保険の世界で損害と言えば、偶然の事故により生じた際に発生するお金を填補することを指します。これを専門的に保障対象としているのが、損害保険です。自動車保険などのオプションとして入っており、極めて重要な役割を担っています。普段何気なく運転している自動車は、一度誤った方法を用いれば凶器に変わるものです。

それを運転しているということは、万が一のことが発生する可能性は高いということになります。相手が存在する事故が発生した場合、過失割合が決められることがあります。その当時の状況は当事者同士でしか分かりませんし、過去の実例などから判断され過失相殺されることが多いです。

つまり、被害者も過失があるということが多くなります。そうなってくると、相手の自動車への修理代などが発生する可能性があります。仮に保険に加入していなかった場合は、当然その分に関しては実費になります。

自動車事故の場合は、かなり高額な修理代金などが請求される可能性がありますので、とても大変なことになります。その為、自動車保険には加入し、オプションとして組み込まれている損害保険にも入っておくべきです。

偶然の事故により多額のお金が発生するとなると、生活を続けることが困難になる可能性も指摘されます。それは困る人が多いでしょう。だからこその判断として、加入することが必要になるのです。決して無料ということではありませんので、その部分がちょっと大変ではあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ