損害査定は保険会社が行う調査のことを指している

自動車保険などの場合には、損害保険が同時についてきます。偶発的な事故により発生した損害に対して、どの程度の賠償額になるのかを保険会社は調査をします。それにより金額を決めるのですが、そのことを損害査定と呼んでいます。

この査定をしてから支払保険金が決定され、実際に加入者に対して支払われるといった仕組みになります。この際には、保険事故であることが条件です。
保険会社には、査定員と呼ばれる調査専門のスタッフがいます。

火災、地震、自動車などについている損害保障に対して、支払基準に満たしているのかを契約内容などと照らし合わせて金額等の査定を行います。そして必要な事務手続きなども行いますので、加入者に余計な負担を負わすことが無いように、安心して手続きを取ることが可能となります。

査定が発生するということは、状況によってはお金が支払われない可能性もあります。また、会社によってどの程度の損害になれば支払が可能になるのかが変わります。その時になってみないと不明であるというのが実際のところですので、最初から判断をしていくのが難しいとも言われています。

さらに事故の状況や、損壊した住宅の状況などを総合的に判断しなければならないので、明確な基準を作るのがそもそも難しいという指摘もあります。

どちらにしても、まだまだ課題が多いのが損害保険の仕組みです。ある程度の線引きをしてくれれば良いのですが、どうなった時に保険金が支払われるかなどのトラブルが発生するなど、線引きすら難しいのが現状でもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ