損害調査は損害査定とも呼ばれており支払調査を行う

損害調査は、損害査定とも呼ばれています。損害保険にて用いられるものであり、自動車や住宅などに損害が発生した場合、その賠償額を決定するために用いる行動になります。

金額を決めるための行動になりますので、それ専門のスタッフが訪れることになり、契約内容などを照らし合わせて問題がなければ保険金が決定し、実際に支払われることになります。ここで行われる複雑な事務処理に関しては、選任スタッフがしますので、問題はありません。

調査をする目的は、それが本当に保険を支払うに値するものなのかを調べるためです。故に、事故の状況や加入者の過失の度合いによっては支払われないケースもあります。たとえば、無免許運転や飲酒運転など明らかな過失があると認められた場合です。

そこまで保障していては、保険会社が倒産してしまう可能性もあるからです。さらに、それを認めることになれば、無免許運転などが増える危険な世の中になる可能性もあります。こうしたことを考えると、やはりしっかりと契約内容に合っているのかをまずは確認しておくことが、何よりも大切になるということが理解できます。

普段からしっかりと守るところは守り、偶然的なトラブルや災害に巻き込まれた場合に対処できるようにしておくのが良いでしょう。損害調査は比較的短時間で終わる場合もあれば、長くなることも十分に考えられます。普段から気をつけて行動するようにし、なるべく保険のお世話にならないようにしておくのが理想的と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ