損害賠償責任は保険により対応することが可能となる

損害賠償責任とは、故意または過失により相手の財物や身体に損害を与えた場合に、その支払責任を負うものです。法律により、その損害は原則的に金銭で賠償責任を取ることが決められています。

例えば自動車事故の場合は、民法だけではなく特別な法律に照らし合わせて決められますが、そのほとんどが金銭での解決ということが意味されています。普段から、ここを常に意識しておくことが必要です。

一般的に損害賠償責任が発生した場合、自動車事故であれば自動車保険が、日常生活においては損害保険が、旅行中などにおいてはレジャー保険がその賠償責任に応じて金額を決めて支払われることになります。そしてこの場合には、調査専門スタッフがその場で検証作業を開始します。

公平に判断してもらい、どの程度の支払を認めるのかについて適切に判断をしていきます。損害保険の場合は、この部分に関して安心する目的で加入する人が多いです。万が一のことはいつ発生するのか分かりませんし、誰に相談してよいのかも不明であることは多いからです。

そうした中での取り組みになりますので、ここは責任がもたらされるところでもあります。保険はどんな時でも、加入者の味方であるべきです。ところがそうでない場合も往々にしてあります。

それは、加入者に明らかに過失があった場合などです。その場合には、もしかしたらお金の支払が行われないかもしれません。その部分も、加入するのであれば約款に記載されていますので、確認が必要となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ