損害保険料率算出機構は損害保険業の健全化を図る

損害保険料率算出機構は、2002年に業務を開始した料率算出団体を指します。これは、前身である損害保険料率算定会と自動車保険料率算定会が、同じような働きをしていたこともあり、統合することでより効率よい仕組みを作り上げることができると判断されました。

そこで、この二つの団体が統合することにより誕生したのが、損害保険料率算出機構ということになります。これがあるおかげで、事故対応において素早く動くことができるようになりましたし、事故対応の満足度が向上したとも言われています。

この機構は、膨大な顧客データを分析することが主な役割となっており、算定料率をどうしたら適切になり、合理的に判断することができるのかを常に議論しており、お互いが良い方向へ向うように会社側に歩み寄ることもあります。そして出来上がったデータを提供することにより、保険料などを決定する足かせになっています。

いわゆる縁の下の力持ちです。
また、損害調査を行うのも役割のひとつです。該当する会社が調査をしてしまっては、公平な判断を下すことができない可能性があります。そのため、外部の第三者機関が損害調査をすることにしています。

膨大な事故データなどが収集されていますから、判断をすることに関しては的確であり、そして公平に判断をすることが可能ということで、期待されています。その一方で、当事者同士でしか分からない事故などに関して、状況や過去の事例から判断をしていかなければならないので、その責任は当然重いものになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ