対人賠償責任保険は自動車事故により適用される

自動車は便利な乗り物です。日常生活だけでなく、ビジネスとしても利用している人が多いので、生活に欠かせず、無くなれば現在の生活を維持させることが困難になると言われるほど、依存した状況です。

そんな自動車ですが、一度誤ると人を死亡させるなどの重大な事故を引き起こしてしまう可能性があるので、注意しなければいけません。基本的に自動車事故を引き起こした場合には、対人の身体や財物にも影響を与える可能性があります。そんな時に支払われる保険を、対人賠償責任保険と呼びます。

たとえば、自動車事故を起こした際に相手を死亡させたり高度障害を患うなどの深刻な状況に陥らせたりした場合には、法律上で対人賠償責任を負わされることになります。基本的に法律では金銭でその責任を果たすことが明記されていますので、責任者はお金を支払わなければなりません。

死亡ということになると、1億円以上の賠償請求が発生することも珍しくはありませんので、この保険では賠償制限が無制限である場合がほとんどになります。自動車保険には自賠責がありますが、それで支払うことが出来ない場合には、任意保険で賄うことになります。

この部分は自動車を運転するのであれば必ずと言ってよいほど加入することを強く勧められています。賠償責任が発生した時に、保険に加入していなかったとしたら、何億というとんでもない金額を返すことができるのかどうか疑問に感じてしまうのではないでしょうか。だからこそ、積極的に任意保険への加入というものが叫ばれているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ