短期払いは保険料支払方法の一種とされている

保険に加入し、支払をする場合には方法がいくつかあります。前納や一括払い全期間払いなどもありますし、全期間払いよりも短い期間で支払を完了してしまう短期払いもあります。これは、社会保険の払い込み用紙などを利用する方法などでも通用しています。支払方法がいくつか種類があるのには、もちろん意味があります。

全期間払いを選択する人が多い理由としては、月々の支払が少なく家計にあまり響かないということが言えます。また、全期間払いであれば確定申告時に生保控除を受けることが可能となりますので、税制上優遇されることにも繋がります。

このため、全期間払いを申請する人は多いことになりますし、一般的な支払方法という風に認知されています。一方の一括払いは、1回の支払で期間中に発生する保険料を全て支払います。その代りに価格を割引するなどの利点がありますが、生保控除を受けるのは最初の払い込みをした年だけになることに注意する必要があります。

短期払いに関しては、最初の半分で全てを支払うような仕組みになります。こちらも割引などの制度はあるのですが、生保控除は払い込みをした年のみになるというデメリットがあります。

前納は会社に一旦全てのお金を預けるような形で最初に全てを支払う関係上、月々支払うのとあまり変わりがありませんので、税制上の優遇は全期間払いと同じように付きます。色々な方法がありますが、ライフスタイルに合わせて利用するのが賢い方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ