単生年金は一般的な生命年金保険のことを指す

生命保険には、年金と同じように満期が過ぎた後で分割により保険金を支払う方法があります。これらの仕組みはいたってシンプルで、被保険者が生存していることを条件とし、それが満たされている場合において保険金を支払うというものです。この方法は一般的に広まっており、代表的なものとして個人年金保険が挙げられます。

単生年金とは、まさに上記のような仕組みを持つ保険について言われています。
社会保障がいつまで同じような仕組みで継続するのか分からず、老後を安心して暮らすことが出来ないのではないかという危機感を、30代世帯が考えるようになってきています。

老後の資金を今のうちに貯める方法について考えていると、投資信託への投資や、不動産への投資などを思いつくかもしれません。ですが、裕福な家庭ではない場合には、いきなり莫大な資金を投ずることは生活への不安から難しくなります。

そこで、最近は生命保険が民間年金という扱いへと変わりつつあります。養老や定期などのものは、生存が確認され、それが一定期間経過したならば定められたところから保険金を支給するというものがあります。40歳で加入し、満期を60歳にします。すると満期を越えたときから保険金が支払われるのです。

すると、それはあたかも年金を貰っているかのように考えることができ、貯蓄性も高いので、よく利用されています。生保を生死の安心というよりも、老後の安心材料として使われていることのほうが最近は多くなってきているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ