単生保険は基本的な生命保険のことを指している

単生保険は生命保険で使われる用語であり、被保険者が1人である場合のことを指しています。つまり、基本的な生保であればどれもが単生保険であり、特殊な事例としては夫婦や親子など、2人以上が1つの商品で被保険者になるものを連生保険と呼び、分類されています。

ですが、ほとんどの商品は被保険者が1人であるために、生命保険とは単生保険であると考えても差し支えはありません。将来を不安だと感じる人は多いものです。未来は誰にも分かりませんから、万が一のことが誰にでも発生する可能性があります。今この時間にも、どこかで誰かが万が一に遭遇しているかもしれません。

そう考えると、残された家族のことや生活のことを案じて、余裕があるうちにどうにか対策を打ちたいと考えるのは自然なことかもしれません。そうすると脳裏によぎるのが生保になるわけで、最近は貯蓄という意味をかねて選んでいる人が多いのが特徴です。

生保は種類も多いですし、医療や第三分野の保険にもオプションとして登場するなど幅広く取り扱っていますので内容が複雑です。その為、ファイナンシャルプランナーなどプロがアドバイスをするなどして、生保選びを本格化させている場合が多いです。

通常はライフスタイルが人それぞれ違うワケですから、世間で人気のものが自分にとってもベストなのかといわれれば、決してそのようなことはありません。最終的には自分の判断で決める必要があるので、適切な判断を常にしておかなければ意味が無いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ