団体扱は保険支払方法のひとつの選択肢である

保険の支払方法の中でも、一番確実と言われているのが団体扱になりますが、個人が勝手に申し込むことが出来ないので注意が必要になります。これは、保険会社と勤務先の団体が契約を結ぶことにより支払いが可能となるもので、給料から天引きされる仕組みになります。

社会保険等が完備されているところであれば、毎月の給料から天引きされているのと同じことになります。給与明細に天引きされた金額などが表示されますので、どの程度支払っているのかを確認することができます。

支払方法はこのほかにも、コンビニエンスストアなどで支払うことができる払い込み用紙への記入や、口座振替なども用意されています。消費者ニーズに合わせて選ぶことができるので、保険会社が歩み寄りをしている証拠になります。都市部だけに人は住んでいるワケではありません。

毎回支払が大変だと感じる人も多いですし、お年寄りの場合には色々と手間になる可能性もあります。団体扱や口座振替扱などの場合は、煩わしい処理などはありませんので便利です。普段から、どのような方法が自分にとって便利で効率が良いのかを考えておくのが良いかもしれません。

いざ自分が支払うことになった場合に、事前に決めておけば素早く行動することができるでしょう。幅広い世代の人が加入している保険ですから、それぞれに合うものをしっかりと用意してきていますので、必ず自分に合うものがありますから、焦ることなく自分の方法で選ぶのがベストです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ