通院給付金は被保険者が通院をした時に発生する給付金

病気やケガは、誰でも発生する可能性があります。その時に重要になるのが、治療費などのお金です。誰でも簡単に支払えるというワケではありませんし、通院となった場合には、毎回同等程度の医療費が発生してしまいます。

医療費の負担は基本的に3割ですが、それすらも高いことも予想されますので、民間の医療保険に加入することがすすめられたりもします。何故ならば、通院給付金というものを受け取ることが可能となるからですが、これには色々と条件がありますので、しっかりと確認しておくことが必要になります。

たとえば、通院給付金を受け取れるものの代表的な例といえば、医療保険やがん保険が挙げられます。ここでは誰でも受け取れるというものではなく、一定の条件(例えば、退院後の通院など)を設けていることが多く、それに該当するようになれば、給付金を支払うことになります。

会社や商品によってその給付されるべき条件は変わることになりますので、事前に確認しておくことが必要になります。そして保険に加入しているから、給付金を必ず受け取ることができるというワケではありません。むしろその部分に関しては会社も経営をしている関係で、厳しく判断されることもあります。

給付金を支払うということは、利益が減るという考えに直結しますから、蛇口をきつく閉めることは容易に想像することができます。どの状態になれば給付されるようになるかは、約款等に詳しく記載されていますが、もし不安を感じるのであれば、ファイナンシャルプランナーなどのプロに相談してみるのも良いかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ