低解約返戻金型保険を利用することで保険料を割引できる

低解約返戻金型保険とは、解約金の返戻金を低く抑えることで保険料を割引にし、加入する際の敷居を低くすることを指します。解約返戻金とは、契約期間中に解除したときに、被保険者に返還されるお金のことです。

今後解除するつもりがなく、ずっと続ける予定だと考える人にとっては、保険料が通常に比べて割引になるケースが多いので、月々の負担が減るだけでなく、加入する際の敷居を低くすることができるので、とても便利だと言われています。その代わりに、解除時の返戻金は通常にくらべて安くなるというリスクが発生します。

また、解除時の返戻金が0という無解約返戻金型保険というものもあります。これは、低解約返戻金型保険よりもさらに保険料が割引になるサービスとなります。ですが、返戻金を貰うことができませんので、破棄しないと確信できる場合にのみ利用することができますが、適用される商品があまり多くないのが特徴です。

通常は、解約するリスクというものがある程度は脳裏によぎるものなので、絶対に解約しないと断言できる状況というのはあまり多くは無いのです。
割引が発生するので、そこにメリットを感じる人は多いですが、それには相応のリスクがあるということを常に考えていかなければなりません。

敷居は低くなるかもしれませんが、目先のことだけを考えると痛い目にあうことは、どんなものにも適用されることでもあります。保険については、様々な角度から総合的に判断するのが良いですし、賢い選び方とは本来そのようなものを指します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ