定額保険は運用結果に関らず一定の保険金が保障されているもの

保険会社は、加入者から得たお金を使って国債などを買い運用をしています。それが上手くいき、利益を得るようになった場合には、加入者への支払われる保険金にプラスされる方式もあれば、運用成績に関係なく一定のお金を受け取れるものもあります。前者を変額保険と呼び、後者を定額保険と呼んでいます。

一般的には後者のほうが圧倒的に多く、こちらを選ぶ人が多いです。
定額は会社が一般運用し管理されるものですから、保険金額や予定利率などは会社によって保証がされています。この方法を選ぶ人が多い理由としては、一定で保証されているほうが安心をすることができるということがあります。

変額である場合には、最低保証金よりも下回ることはありませんので、その点については安心することができるかもしれませんが、上がるか下がるかが運用成績次第になるので、落ち着かないと感じる人もいます。

それぞれ良い面も悪い面もありますが、ライフスタイルや自身の判断によってこの部分は常に変更されていくものです。あまり唐突にならないように、変化を自分の中で感じ取ることが大事であり、定額保険はその変わらない安定感を得ることができるので、一般的に信用されています。

将来の安心を得るためにお金を支払っている訳ですから、その安心を揺るがされてしまう可能性がある変額保険には、あまり手を出したがらないのも理解できます。それぞれの考え方や選び方によいどちらが良いかは変わってくるので、特徴を捉えて自分で判断するのが望ましいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ