投資型年金保険を選ぶことで主体的に運用することが可能

生命保険の中には、払い込んだ保険料の運用成果によって支払われる保険金や、解約時に戻されるお金などに変化が発生するタイプがあります。それは変額年金保険などですが、これは、通称投資型年金保険と呼んでいます。

このタイプでは、被保険者の払い戻しが発生する前に死亡した時に支払われる死亡給付金が、払込保険料相当額を最低保証するタイプが主流となっていますが、それすら無いタイプもあります。

一般的に投資型年金保険は、特別勘定(投資先商品)が単一のものもあれば、複数の特別勘定を持つ商品もあり、よりバリエーションに富んだ方法を加入希望者が選ぶことができます。複数の特別勘定を選ぶタイプは、自分で自由にスイッチングすることができます。

より良い運用が期待できる商品へ投資先を変更することが可能となりますので、より主体的に運用をすることが可能です。
とは言っても、自分で売買をする訳ではありません。決められたファンドへ投資をし、ファンドが主体となって運用を行います。

国債や株などにも投資されますので、より運用成績を重視することも可能です。ただし、投資型年金保険には注意点もあります。これは通常に比べてはるかに複雑ですし、商品の種類によっては特別なルールなどが設けられていることも考えられます。

保険について疑問が残らないように内容を完全に理解してからでなければ、手を出すことは危険です。最低限保証されている元本があった場合でも、将来受け取る年金が増減するかは、不確定な要素が満載の金融市場の動向により左右されてしまうので、リスクがかなり高いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ