特定疾病保険は万が一の時に有効な保険として認知されている

日本人の3大死因として挙げられるのが、脳卒中、がん、心筋梗塞です。これらはいつ誰に引き起こされたとしても不思議ではありませんので、万が一の場合に備えておく必要があります。三大成人病に数えられることもあるこれらの病気にのみ対応した保険も存在しており、注目を集めています。

それが特定疾病保険と呼ばれるものです。特徴としては、基本的に単体で販売されることが多く、この病気にかかることが条件として挙げられるので、他のものと併用することが望まれるのです。

当然保険料は値上がりしてしまいますが、三大成人病を患い、保険会社が定める所定の状態になったことが確認された場合には請求をすることができ、被保険者が生きているのにもかかわらず死亡給付金と同等程度のお金を支払ってくれます。

ただし、三大成人病を患っていると認められることが無いまま死亡した場合や、高度障害が発生した場合には、同額の保険金を受け取ることが可能となります。手厚い保障があるのが特徴であり、最近は特に注目されています。この保険は保証が一生涯続く終身タイプと、期間を設けている定期タイプがあります。

加入方法は単独のものと、オプションとして他の保険に付属されている場合もあり、どちらを選んだとしても効果などに変化はありません。さらにがんを告知できない場合などは、代理の人が請求をすることも可能であり、事前にその人を登録しておくことも重要です。そうしたことができるのが、特定疾病保険なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ