特定疾病保険金は三大成人病を患ったときに発生する保険金

日本における三大成人病と言えば、がん、急性心筋梗塞、脳卒中であり、死亡原因としてもワースト3にランクインするほど恐れられている病気です。しかも、誰にでも発生する危険性があり、ひとたびこの病気が発症してしまえば、通常の日常生活を送ることが困難になるばかりか、死亡する可能性も高くなります。

万が一のことを考えるならば、残された家族の生活なども引き合いにして考えなくてはなりません。そんな時に効果を発揮する保険が、特定疾病保険です。

特定疾病保険では、三大成人病のみが適用され、所定の状態になったことを保険会社が確認したら請求をすることができ、それにより特定疾病保険金を受け取ることができます。通常の保険と違うのは、被保険者が死亡していない状態でも、死亡給付金を受け取れることが出来るというものです。

三大成人病は医療費なども高いですし、今後の生活を考えるならば、死亡する前に受け取ったほうが良いという消費者ニーズに合わせて作られたものでもあります。
普段から保険のことを考えている人にとっても例外なものではありませんので、加入することを検討する人は増えてきています。

そこでネックなのは、三大成人病でしか効果を発揮しない保険であるということです。他の病気などでは適用されることがありませんので、この保険とは別で違う商品に加入するなどといった対策を打つことが必要になります。しかし加入方法などは通常の商品と変わることはありませんので、難しいものではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ