歳満了契約は被保険者の年齢により期間が決められているもの

歳満了契約は生命保険で使われているもので、被保険者の年齢を基準にして保険期間を設定したものを指します。たとえば30歳で加入して50歳までの契約と考えるならば、20年の定期契約になります。

このように年齢を基準にして、期限を設定するものを歳満了契約と呼んでいるのですが、何も難しいことではなく、一般的な生命保険は終身タイプでは無い限りは、この方式を採用していることが多いです。反対に、年齢ではなく年数で決められているものを年満了契約と呼んでいます。

違いは年数か年齢かの違いであり、特別に変化が生じている訳ではありません。保険は万が一のことを考えて加入するものであり、将来の安心をお金で買っているようなものです。何歳で病気になるなんていうことは、誰にも分かりません。明日なるかもしれませんし、一生涯該当する病気が発生しないことも考えられます。

そのため、年齢で考えても年数で考えても、保険の持つ効果や被保険者が考える安心感というものに変化が生じることはありません。
そのため、この基準が何か行動に変化を与えるようなことにはならないので、その点に関しては予め知識として入れておくことが効果的でしょう。

普段から保険に関して身近に接している人以外では、あまり興味を持たないし、複雑なので諦めてしまいがちな分野になります。ですが、自分の人生の中でも長い間お世話になる商品でもありますから、それなりに考えておくことはとても重要なことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ