年満了契約は年数に応じて保険期間を定める方法

生命保険は終身タイプで無い限り、適用される期限が決められた定期タイプの保険になります。その期限の決め方に関しては、2つの方法が採用されています。まずひとつ目が歳満了契約であり、ふたつ目が年満了契約になります。

これは単純に年齢で契約期間を決めるのか、契約年数で決めるのかの違いだけであり、支払基準や商品内容の違いなどはありません。消費者ニーズと、企業の都合により出てきているものだと言われています。加入者にとっては、年数よりも年齢で加入期限を設けたいと考えている人も中にはいます。

なぜなら、そのほうが自分の中で納得することができると考えられているからです。たとえば60歳までの間加入しておきたいと考えたほうが、現在から何年と計算することもなく、簡単に自分の中で理解をしておくことができます。

自分は60歳まで保険期間があるんだという風に納得することができれば、保険に対して自分のほうから積極的に行動しているという感覚を持つことができるようになるのです。これは自分のことのように捉えることができるので、とても意味のあることです。

反対に、年満了契約のように年数で考えることのほうが都合の良い場合もあります。20年や30年という区切りのよい年数での契約は、年齢に捉われることがなく、自分の考えを素直に表現することができるので、どちらも使われる人は多いものです。

冒頭で説明したように、商品の内容に関しては特に違いというものはありません。あくまでも、年数と歳による期限の設定の仕方に関する分類でありますので、その認識をしっかりと持っておくことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ