払込期月は保険料を払い込むべき月のことを指している

保険商品は、決して無料ではありません。相手も商売をしていますから、利益を得る目的で販売しているに過ぎません。そのために料金が発生していくのですが、通常の商品とは違い、月々支払うことができるような高額商品という位置づけを被保険者が捕らえておくことは、とても大事になります。

普段はあまり保険に関して興味を持っていない人が、加入を考える時に躓くのが保険にはお金が発生するという点です。つまり、保険は無料で加入でき、病気や怪我などが発生した場合には保険金が下りると考えている人が、若干ですが存在しているのです。

そういった認識を持たれている人にとっては、保険料が発生することは驚きをもたれるかもしれませんが、これが現実です。しっかりと料金は発生しますから、払い込まなければなりません。その支払に関しては様々な支払方法が用意されていますし、支払回数や期限なども決めることができます。

毎月支払う場合には、払込期月は毎月の末日ということになりますし、一括で支払う場合には、その後は支払うことがありませんので、払込期月という概念もなくなります。

一括で保険料を支払う場合には、割引制度などを適用することができますので、通常よりも結構安く商品を買うことができます。その後に当然料金は発生しませんから、気軽に将来の安心を継続させることができるようになります。

ですが、冒頭で記述したように高額商品になりますから、中々一括で支払うことが出来ない場合が多いでしょう。そうした時には、やはり払込期月という概念は必要になりますが、払い込むべき月は毎月になりますので、あまり捉われる必要もないかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ