払込猶予期間は払込期月が決められているものである

保険料には、払込の猶予期間が決められています。それを払込猶予期間と呼んでいます。生命保険においては、月払、半年払、年払で払込期日が決められていますから、その期日までに支払わなければなりません。

もし超えてしまった場合には、振替貸付が適用されることになりますが、これは追加で手数料を支払わなければならないので、ちょっと厄介に感じるかもしれません。この他には、契約が失効するといった商品も少なからず存在していますので、支払が遅れることの無いようにしていかなければなりません。

保険料はほぼ一定であり、毎月同じような日にちで支払うことを決めている人は多いです。払込用紙などに記入して近くのコンビニエンスストアで受付をすることができる場合もありますが、それだと面倒という理由や忘れていたという理由で、期日に間に合わないケースもあります。

現在では老若男女問わず、保険商品へは加入することが求められますので、そこをいかにして消費者ニーズに応えていくのかも会社にとっては考えておかなければならない課題です。こうした払込に関する整備はだいぶ進んでおり、給料から天引きできるケースなどもありますし、自分が望む方法で適用してくれる場合もあります。

様々なことを用意してくれる代わりに、支払いを忘れていたという言い訳が通用しないように整備を進めているということもその中には意味としてあります。普段から何気なくお世話になっている保険ですから、自分自身がもっと責任を持つことが求められます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ