費差益は保険会社にとって重要な利益になる大事な部分

保険会社は、保険商品を販売することにより利益を得ています。ですが闇雲に販売しているだけでは、損失だけが増えてしまい倒産してしまう可能性があるので、どのような人に販売することが良いのかを考える必要があります。

そのため、誰でも保険に加入できる訳ではなく、会社側から見て利益が取れると判断した人に対してのみ販売をしています。つまり、今まさに保険が必要な人に対しては販売することができないといった不条理な現実がありますが、企業として経営を続けるにはそうするしか無いのが現実です。

そんな中、保険会社の三大利益として数えられるものの中には、費差益というものがあります。これは実際の事業費が想定される事業費よりも下回ったときに発生する利益のことをさします。

たとえば、今年は100人の人に保険金を新規に支払うことを想定していたのに、実際は95人だった場合は、5人分の実業費が浮いたことになりますので、これがそのまま利益になります。会社の経営と似ているのですが、保険会社の場合は予め出るであろう損失に関しては最初から計上しておきます。

それはそのまま損として考えることで、事業を進めやすくしているのです。
それが計画よりも下回ったのですから、まるまる利益になるので会社側としては嬉しい限りです。商品を販売していくには、会社が継続していかなければなりません。顧客は未来の安心を買いたいと願っていますので、そこに手を差し伸べるのが保険の姿となっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ