被保険利益は保険金を支払うときに使われる利害関係

保険会社は、保険事故が起こり支払に該当する事案が発生した場合には、利益が減失する恐れがあります。そのことを被保険利益と呼びます。これは保険も目的について、保険事故が発生することにより、被保険者が経済上の損害を発生させるべき関係性とされています。

もう少しわかりやすく説明すると、偶然的な事故が起こった場合、被保険者は一旦、経済的損失を損害という形で被っています。そしてそれが対物であれば、車やモノになるわけで、その間に存在する利害関係のことを被保険利益と呼ぶのです。

損害保険の場合には、その利害関係を相殺する目的で、被保険者に対して保険金を支払うことになりますので、この関係が成立していることは、そもそも支払いが発生するための条件になります。

そこで考えられる最大の損害見積額のことを、保険価額と呼んでおり、そこから見合う分の保険金を支払うというのが、損害保険で支払われる際のイメージということになります。

少し分かりにくいですが、イメージすることが大切です。自動車事故が発生した場合には、かならず被保険者と該当する自動車やモノとの間に、損害という経済上の損失が発生していることになります。

その時は、保険という概念を無視をすることが必要になりますが。そこで損害保険は利害関係があることを確認し、見積もりを出してそこで保険金を支払うという流れの中で、発生する呼び方というだけです。そこまで被保険者は難しく考えることではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ