比例てん補は場合によっては少ない保険金しか支払われない

損害保険は、基本的に損害が発生した場合の費用を全て給付することになります。ですが、それが出来ない場合も存在します。たとえば、自動車事故において保険を付けていた対象の時価よりも保険金額が不足していた場合、つまり足りない場合にはその状況に応じて保険金を減額して支払うことを指します。

これを比例てん補と呼び、この状態の時は、最高でも保険金額と時価総額の割合でしか保険金が支払われないことになります。

自動車事故において、修理が150万円必要だったとします。ですが、車両保険では75万円でしか加入していない場合には、75万円全額が支払われるわけではなく、50%の支払義務になるので、32万円程度の支払になります。損害保険に関しては、この部分を被保険者がしっかりと確認しておかなければなりません。

万が一の事が発生した時に、このようなことを知ってしまった場合には、トラブルに発展する可能性もありますし、修理代という名目で貰えるとおもっていた保険金が、半分程度になることもあります。

損害保険では、無制限という部分をつけている保険も多いので、そちらに変更することが良いとされています。自動車事故はその状況により損害がかなり大きく膨れ上がることが予想されます。

民法上は金銭で支払うことが義務付けられていますので、その通りにしなければなりません。ですが、急にそんなお金を支払うのは無理があります。そこで保険を適用するのですが、比例てん補ということになったならば大変なことになりますので、確認しておかなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ