特約として付与することが出来る付加限度の案内

付加限度については、特約として付けることが可能になっています。保険には特約というものがあるのですが、これは保険会社で用意されているものです。通常、保険はそれのみに加入をして補償範囲というものが設定されます。ですが、その補償範囲が狭い場合には特約を付与して、その分だけ付加限度を変化させるのです。

つまり、従来のものより手厚い補償を受けたい場合には、自然と特約についても付与していく必要があるので、そのような金額的な制限があったりするわけです。
特約の主なものについてですが、家族の一人だけにしか保障がなかったものに対して発生させるものが、多く利用されています。

具体例では、自動車保険などがそうなのですが、自分だけを保障とするのではなく自分以外の年齢でも同じ自動車で保険を有効とする場合に、保険に特約をつけておくのです。つまり、特約とは保険にとってのオプションのような存在だと理解するといいでしょう。

ただ、特約については主契約の保険と同一の扱いを受けるのを忘れてはいけません。近年では、クレジットカードの保険にも特約をつけられるようになっているのですが、主契約の保険が何らかの問題で支払われなくなる、もしくは契約満了となってしまった場合には、特約についても保証がされなくなってしまいます。

なので、もし特約についても安定した保証を受けたいのであれば、先ほどのクレジットカードなどで支払いを行うなどして、毎月で支払遅れのないように工夫するのも一つの手段となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ