付加保険料とは保険会社の運営費用を主に言っています

保険は、保険会社により運営されています。そして、その運営が出来ているのを確認するのに利用されるものが付加保険料です。運営をしていくために必要な保険会社の費用なので、基本的にはこちらをチェックしておくと、他の保険会社と比較して上手に運営が出来ているのかが大まかにわかるようになっているのです。

保険料というのは、契約者から支払われる掛け金で成立しています。しかし、正確には保険の契約についての支払では一般的な支払だけではなく、年金受給などの給付金によるものも、純保険料として計算がされているのです。

保険というと、契約者の方が払っているように多くの人に思われていますが、実際は年金をはじめとして給付金によるものも、保険会社にとっては財源であったりするのです。

また、保険会社を運営するのに必要なコストについては付加保険料で問題ないのですが、新契約の締結で必要となってくる経費については予定新契約費と分類されています。全てが付加保険として扱われているわけではないのです。さらに保険料については集金という仕組みもありますので、他にも予定集金費というものがかかってくるようにもなっています。

また、その他の経費としては予定維持費という、保険期間中の保険会社の維持費などが運営において計算されるようにもなっていますので、これらについても知っていると運営会社の状態がより正確に理解出来き、掛けているお金についての安心感もあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ