復活と間違われやすい復旧について知っておく

保険業界において復旧という言葉がありますが、一般的なライフラインなどのそれを指すのでは無いものの、意味合いとしては同じです。保険の復活と似たような特徴がありますが、復活についてはあくまでも過去に失効となった保険を復活させるだけです。

ですから、復活に関しては保険に関してのみ有効な手段と覚えておくのが正しいのです。次に復旧ですが、保障内容について元に戻すことが出来る制度の事を指します。例えば、払済保険や延長保険などを都合で変更とした場合であっても、一定期間内で元に戻せる期間が用意されているのです。

保険会社では一定期間となっているのですが、3年以内で期間が設けられているようになっています。また、元に戻す際ですが、復活のように診査や告知を再度行わないといけないリスクがあります。つまり、何度も気安く変更できるようにはなっていないのです。保障内容については何度も確認をしてから、元に戻す必要のないものを選ぶのが二度手間を減らす手段なのです。

他に復活との違いをあげると、比較的に元に戻しやすいのが復旧です。復活の場合は今まで失効をされていたわけですが、それでも失効期間中の支払については復活の際に請求がされるようになっていますので、注意しなければいけないのです。

また、保険会社によっては復活に際して所定の利息が発生する場合もあるので、これらについても事前に知っておく必要があります。ただ失効期間が短かった場合についてですが、連絡を入れるだけで復活については果たせるものもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ