分損のケースでは補償が全てに対して行われない場合がある

自動車保険では、一部だけ損害が発生した分損というケースについて気をつけておかないといけません。例えば、時価額について計算をしてみると、保険金の支払では損をするケースもあるからです。具体例としては、自動車事故を起こしてしまった際に支払われる保険金が当てはまります。

当初では保険金だけで支払が済むという場合であっても、実際は修理費が時価額を下回る場合もあったりするからです。
時価額というのは現状での金額を言いますので、下回っている場合には通常よりも保険料が支払われないということになります。

わかりやすい一例では、車の側面に衝突されてしまった場合の衝突事故などがそうです。このように大きな被害ではなかった場合でも、本来であれば修理費にかかる金額が実際の修理費より多くかかってくるものなのですが、時価額によっては支払金額がピッタリと修理費と一致するだけであったりするのです。

そうなると、実際の支払については修理費のみとなりますので、余剰金のようなものは発生しないとなります。また、分損については全損と違っておりますので、誤って記憶しないようにしておかないといけません。全損の場合、自動車の修理ではなく修理が不可能なレベルで破損をしている場合に、保険が発生します。

衝突事故などで乗車不可能となってしまったような自動車や、自動車そのものが始動しなくなってしまったものが該当します。そして前述の通りとなりますが全損についても、時価額が下回っている自動車では、新しく自動車を購入する費用分の保険料についても、通常より下回るとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ