保険料の支払については平準払込方式が基本となる

保険料については、保険会社に特に希望を何も言っていない場合については、平準払込方式となっています。通常払いとして、契約の際には案内が行われるのですが、保険料の支払いについては、この支払方法以外にも存在しています。例えば、ステップ払込方式がそうです。

平準払込の場合、支払う保険料は常に同じ金額での支払が可能となっています。なので、どこの保険会社でも通常払いとして用意をしているのです。
しかし、若いうちには保険についてそこまで真面目に支払っていくつもりがないという人もいます。

不真面目なのではなく、若い人など保険について必要だと認識しているが、だからと言って高額な保険に加入をしたくない年齢の人がそうです。しかし、このような若年層の場合にはステップ払込方式を採用している人が多いです。

その理由としては、ステップ払込方式であれば、10年間か15年間の間であれば支払金額が大きくならないからです。このステップ払込方式については、保険会社で用意されている定期付終身保険の契約などでも見ることが出来ます。

後になって支払金額が大きくなるわけなのですが、人によっては年齢による収入の増額、または年金受給者になってからも保険を継続していくという意思で、ステップ払込方式を取り入れている人は多くいます。また、10年間か15年間というのは一例に過ぎません。中には、もっと短いタイプや長いタイプのステップ払込方式も存在します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ