保険は解除される事によって返戻金が発生する

返戻金とは、主に払戻金として保険会社で扱われている保険契約の解除時に発生する金額です。保険をかけている場合、特に高い保険料金を支払っている場合には解除で払戻金が出るのですが、何も自分の意志で解除をした際にだけ発生する訳ではありません。解除以外にも、ある都合で発生する払戻金も存在します。

それは、実質的な契約が成立しなかった場合等です。
例えば、保険を契約してから失効や解約となってしまった場合でも、払戻金は支払われるようになっています。契約者が保険をかけていたのは事実なので、失効などのトラブルに見舞われると、支払われないようになるというものではないのです。

ちなみに、解約と解除は似ていますが保険においては全くの別物です。解除というのは、任意で契約の解除をしている場合で、解約というのは規約違反などがあって保険会社に解除されてしまう事です。

つまり、解約となってしまっている状態では、本来であれば保険会社との付き合いはよくありません。しかし、このような場合であっても払い戻しはされるようになっているのです。そして失効についてですが、他の解約と解除とは更に別物となっています。

というのも、払い戻しについては発生するのですが、将来同じ保険会社で保険に加入する場合、今までのように毎月の支払については利用できなくなったりするからです。また、手続きについてですが、契約者本人が行うものは解除のみとなっている点も注意しないといけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ