保険金支払は保険価額により算出されるものもある

損害保険などで保険を組んだ際には、保険価額という単語が契約書に記載されています。保険というのは、保険の支払額を上限なしで設定している訳ではなく、予め上限が定まっているケースもあるのです。

保険価額とは、被保険利益を金銭に評価した額の事を言っているのですが、これは支払については金銭でもって行うもので、物品そのものの交換などで対応するものではないという訳です。

具体例として、どのようにして保険価額が支払われるのかについてですが、自動車などが災害によって破損してしまった場合には、全て保険金の支払がされるのではなく、実際に定まっている金額までで支払が行われるのです。

実際は100万円超の破損があったとしても、50万円分までしか認められていない保険に加入していた場合では、その50万円をベースにして支払が計算されるという訳です。保険金について、高い金額での補償を受けたい場合には、超過保険についても検討していかなければいけません。

ただ、通常の補償については何も悪い事ばかりではありません。というのも、このような算出方法があるならば、保険会社の責任範囲を数字で知る事が出来るからです。今回は保険会社の支払が少ない例を出しましたが、逆に100万円超の破損があった場合に120万円ほどで支払が行われるケースもあります。

ただ、安い保険では上限についてはかなり狭い範囲で定まっているので、出来るだけ補償範囲が広い高めの保険に加入する必要がありますし、それに対応出来ている保険会社を利用しないといけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ