保険がいつまで続いているのかは保険期間で確認できる

保険には、保険期間というものがあります。期間とされているだけに、もし保険に入っていたとしても保険の条件が有効となっている間の時間でない場合には、特に契約が正式に始まると締結した書類に書いてある時期を過ぎないと、事故や怪我などの際には保障がされないようになっています。

保険は個人や団体のトラブルなどの保障を行うものですが、期間内でなければ無効となる特徴もあるのです。なので、新しく自動車の保険などに入る際には、期間についてチェックをしておかないといけません。

具体的には、保険期間は契約が完了してからスタートします。それ以前については保険の期間とは定まっていません。わかりやすい例では、支払などがされていない状態で契約開始日を超えてしまった場合です。保険料金の払込がされていない状態では保障の対象外となっているので、支払については後からという訳にはいきません。

この期間については、保険会社が契約に対して責任対応を行う期間となっていますので、正式に払込が済み契約が交わされてからは、保険事故が発生した際に対応がされます。保険事故とは、適用範囲に定まっている内でトラブルが起きている場合を主に言います。

個人の事故だけでなく、保険によっては災害保険も存在するので、適用範囲については保険と特約によって通常のものとは別物となってくるケースもあります。ただ、主契約と特約については期間を忘れずに知っておくのが重要なのは変わりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ