似ている料金のようで保険金と保険料は全くの別物

保険金についてですが、その前に保険料という料金についての説明となります。と言うのも、保険料金における保険金と保険料については、違った料金となっているからです。保険料については、保険の契約を結んだ際に契約者が保険会社に支払う金額を言います。

また、契約についても正確な理解が必要で、契約をただ結んだだけでは保険適用とはなりません。必ず前もって保険料を支払っておかないといけないのです。
次に保険金ですが、こちらは保険料を支払っている状態で保険事故が発生すると契約者が受け取る保障金のことです。

ただ、必ず発生するのではなく、保険の適用範囲で事故が起きた場合でないと発生しません。具体的なものでは自動車事故がそうですが、対物・対人で別々に保険に入っている状態で保険が適用されます。どちらも無制限であれば問題ないのですが、片方のみ1,000万円となっていると1,000万円までの補償しか受けられません。

そして事故の際に本人と相手がいる状態では、その金額で充当とならなかった場合についても料金は変わってきます。なので、現代では就職などをしている人の場合だと、無制限でなければ自動車による通勤を認められないケースがあったりするのです。

他にも、災害保険で特約を組んでおかない場合には、保険の適用範囲が大きく違ってきたりします。これらについて理解している状態で、且つ補償される金額を設定するという点で保険料とは別物となっているので、正確に記憶しておく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ