保険の業界でも保険金支払能力格付けが行われている

日常のものであっても評価や格付けをする機関がありますが、保険会社を対象とした格付けもあります。正式には保険金支払能力格付けとされているものですが、スタンダード&プアーズや、ムーディズなどが格付けを行っている機関では有名です。

何を格付けしているのかと言うと、正式な名称の通りで保険金の支払能力についての格付けを行っています。例えば、保険会社については同じような支払能力となっている訳ではなく、業者によっては支払トラブルなどを出しているケースもあります。

他にも、支払そのものは行えていたとしても、将来的には保険会社そのものが経営不振に陥ってしまうケースまでありますので、保険金支払能力格付けが重要となってくるのです。

また、格付けについてはわかりやすくアルファベットや記号、数字を利用して格付けを行っていますので、格付け上ではより上の記号・アルファベットの保険会社を選ぶようにするのが基本となります。

保険会社にとっては、保険金の支払能力に対する指標とされているのですが、このような指標は格付けだけではありません。

例えば現代では、保険会社の支払能力だけではなく、どのようなサービスや料金設定をされているのかをまとめているサイトもあります。将来的に保険会社を正確に選びたいという場合には、まずは機関による格付けを参考にするようにしてから、実際にどのような料金やサービスで利用できるのかもチェックすると良いというわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ